[ Excel-VBA ] シートの各状態での動作の違い(表示・非表示・めっちゃ非表示)

Pocket

ここでは、エクセルのシートを表示・非表示の切り替えと、めっちゃ非表示にする3段階の設定について掲載しています。

スポンサーリンク

表示・非表示・めっちゃ非表示の3段階の切り替え

VBA でシートの表示設定を切り替えるサンプルスクリプトは次の通りで、Visible プロパティの設定することで簡単に行うことができます。


' シートを表示
Worksheets("Sheet1").Visible = xlSheetVisible   ' -1
' シートを非表示
Worksheets("Sheet1").Visible = xlSheetHidden    ' 0

' シートをめっちゃ非表示
Worksheets("Sheet1").Visible = xlVeryHidden     ' 2

シートの非表示 ( xlSheetHidden ) とめっちゃ非表示 ( xlVeryHidden ) の違い

シートの非表示 ( xlSheetHidden ) は、ユーザー操作によって再表示できますが、めっちゃ非表示 ( xlVeryHidden ) にすると、ユーザー操作では再表示を行うことができません。

次のように、再表示メニューが有効化されません。

めっちゃ隠すと再表示できない

めっちゃ隠す ( xlVeryHidden ) と再表示できない

なお、VBA スクリプトでは、xlVeryHidden から xlSheetVisible および xlSheetHidden への変更は可能です。あくまでも、ユーザー操作によるシートの再表示ができなくなるだけです。

ところで、めっちゃホリデーってどういう意味だろう?

スポンサーリンク


Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>