[ B シェル ] cut コマンドで文字列を切り出して抽出する

Pocket

ここでは、cut コマンドによって文字列を切り出して抽出するサンプルスクリプトを掲載しています。レッツ切り出し!

スポンサーリンク

文字列の切り出しサンプル
#!/bin/sh

# 文字列を生成
str="abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"

# 最初の2文字を切り出す
cut_str=`echo $str | cut -c 1-2`
echo $cut_str

# 5文字目を切り出す
cut_str=`echo $str | cut -c 5`
echo $cut_str

上記のサンプルスクリプトを cut.sh という名前で保存して実行した結果になります。

$ ./cut.sh
ab
e
注意事項

文字列の切り出しとは直接関係なく B シェル全般に言えることですが、文字列を生成する段階で下記のようにスペースなどを 代入前後に入れると エラーとなりますので注意する必要があります。私は毎度毎度やってしまいます。

# 文字列を生成( = 演算子前後にスペースを入れる )
str = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"

実行結果

$ ./cut.sh
./cut.sh: str: 見つかりません。

 

B シェルあるあるです。ないですか?

 

スポンサーリンク


Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>