Tag Archives: zend

[ Zend Framework1 ] 自動レンダリングを無効化する(noViewRenderer)

ZendFramework では、デフォルトのビューとして Zend_Controller_Action_Helper_ViewRenderer が登録されます。登録はフロントコントローラ(Zend_Controller_Front)の dispatch メソッドで行われます。なお、ビューはアクションヘルパーとして登録されるため、すべてのアクションに対して実行されます。

ここでは、このビュー(自動レンダリング)を無効化するサンプルを掲載しています。

Continue reading »

スポンサーリンク


[ ZendFramework1 ] スタティックルート、標準ルートを追加する

Zend Framework のデフォルトのルート(Zend_Controller_Router_Rewrite)では、存在しないモジュール、 アクションコントローラ、およびアクションに対する要求は 404 エラー(Page not found)となります。

ここでは、上記のような存在しないモジュールやアクションに対する リクエスト URI を 特定のアクションに紐付けて(ルートの追加)、404 エラーではなくアクションを実行するサンプルスクリプトを掲載しています。

どうしても外部システムやアプリケーション更新などの理由で URI の変更ができない場合などには有効ではないかと思います。

Continue reading »

[ ZendFramework1 ] アクションメソッドが呼び出されないようにする(setDispatched)

ここでは、Zend Framework1 でアクションメソッドが呼び出されないように無効化するサンプルスクリプトを掲載しています。

何度も同じこと言いますが、Zend Framework1 は使われているのだろうか?2 も怪しいような気もしますが。。。

Continue reading »

[ ZendFramework1 ] 各種DBのテーブル名やカラム名にSQL予約語を使用する

「SELECT」や「ORDER」などの予約語をテーブル名やカラム名として使用する場合には、例えば Oracle の場合は、ダブルクォート (“) で名前を囲む必要があります。

ここでは、Zend Framework でこれらの処理を記述するサンプルコードを掲載しています。なお、ここでの出力例は Oracle の場合であり、その他のデータベースでは異なる結果が得られることもあります。

Continue reading »

[ Zend Framework1 ] アクションヘルパーの登録と実行順序

ここでは、Zend Framewrok におけるアクションヘルパーの導入するためのサンプルコードを掲載しています。なお、アクションヘルパー自体については、下記を参照ください。

アクションヘルパーを使用すると、Zend_Controller_Action を継承した任意のアクションコントローラに対して 実行時やその他必要に応じて機能を追加できます。 アクションヘルパーの狙いは、 アクションコントローラに共通機能を追加するために いちいち抽象クラスを継承する手間を省くことにあります。

Continue reading »

[ ZendFramework1 ] バリデーションのメッセージを日本語化する ( Zend_Translate )

Zend Framework には IP アドレスや URL などの妥当性検証用にバリデーションクラスが存在します。ここでは、これらバリデーションクラスが出力するメッセージを日本語化するサンプルコードを掲載しています。

日本人には日本語が一番です。日本語、チョー苦手ですが。。。

Continue reading »

[ ZendFramework1 ] 複数のDB接続先を application.ini に設定する ( Zend_Application_Resource_Multidb )

ここでは、複数のデータベースの接続先を application.ini に設定するサンプルを掲載しています。具体的には、application.ini に設定可能な Zend_Application_Resource_Db および Zend_Application_Resource_Multidb リソースプラグインを使用したサンプルになります。

Continue reading »