Tag Archives: sql

[ Oracle ] q 演算子 シングルクォーテーションを文字として扱う

SQL で文字列を扱う場合は、シングルクォーテーション ( ‘ ) で囲む必要がありますが、シングルクォーテーション自体を文字として扱いたい場合には ( ) とシングルクォーテーションを2つ連続で記述しなければいけません。また、Oracle 10g から代替引用符 q 演算子を使用することでも同等のことができるようになりました。ここではこれらのサンプル SQL を掲載しています。

Continue reading »

[ Oracle SQL ] 文字列の前後のスペースの除去と挿入 ( Trim, Padding )

多くのプログラム言語では文字列の前後のスペースを除去するための trim 関数が用意されていますが、 Oracle にも trim 関数が用意されています。また、文字列の前後にスペースや 0 などをパディングして桁数を揃える lpad, rpad 関数も用意されています。ここでは、それらの使用例を掲載しています。

Continue reading »

[ Oracle PL/SQL ] バインド変数を使用してセキュアに SQL を実行する

C# や Java などのプログラムから SQL を実行するときはバインド変数を使用して SQL インジェクション対策を行い、データを守るようにすることが一般的だと思いますが、Oracle データベース上で実行される PL / SQL から SQL を発行するときも同様です。Oracle が勝手に対策してくれるわけではありません。

Continue reading »

[ MySQL ] n分前, n時間前, n日後の日付を取得する ( INTERVAL )

データベースに限った話ではありませんが、10分前の時刻や、1か月後の日付などを求める機会は多くあります。MySQL では、四則演算のプラス・マイナス記号を使って直感的な SQL を記述して過去や未来の日時を取得することができます。

Continue reading »