Category Archives: コラム

[ 高校物理 ] ガウスの法則を制する者は受験を制す!!

タイトル若干ふざけました。すいません。

ここでは、高校物理の「ガウスの法則」についての豆知識を掲載しています。問題集ばかりで疲れた頭の息抜きにでもどうぞ読んでみてください。どちらかと言えば、高校生よりも大人の人が読んだ方がなんとなくわかった気になって満足するかもしれません。

Continue reading »

[ 地を這うブログ ] 1月1日は1年で最もアクセスがない。ビックリするほどない。

まだまだこのブログは初めて間もない(とは言っても1周年は迎えました)ですが、アクセス数の傾向はなんとなく把握できるようになりました。

隠す必要もありませんので(が、興味のある方もいないとは思いますけど横に置いておいて)、このブログのアクセス数の傾向について年初に掲載してみたいと思います。

Continue reading »

結局は淋しいだけなんだと思う。でも絶対に相手にはしない。家を出ます。

正月早々ゆきこです。

なんだかんだで楽しい日々を送っております。が、人並みに悩みやストレスもアリアリです。以前、次のような記事を投稿したのは数か月前のとこですが、親子関係は最低のままです。

「こんなこと、わざわざブログに書いて、本当は違う感情もあるんじゃないの~」的な反応もありそうですが、一切ありません。最低のままで問題ありません。すでに、そのような時期は過ぎ去りました。

Continue reading »

[ SEなる仕事 ] SE「素人でもわかるように設計書を書け!」 PG「テメーが書けよ!」

どーも。日に日に愚痴の量が増えていくストレス過多な今日この頃です。本日の愚痴はSE(システムエンジニア)なるよくわからない職種についてです。

どうも、本人たちもよく分かってないらしく、会社や個人でもとらえ方が大きく違うようです。稀(頻繁に?)に「あ?」って聞き返したくなるような発言される方もおられます。ついつい、「何でお客さんがこんな人に大金はらってるんだろう?」と思ってしまいます。

まあ、どんな業界についても言えることですが、自分が客側の立場であれば金をドブに捨てるようなものですから、いい気はしないです。

Continue reading »

[ DB設計 ] 食欲がなくなるテーブル名をつけないでください

システムエンジニアやプログラマは、階層構造の世界です。どんなアホでもシステムエンジニアは偉くて、プログラマは奴隷です。ここら辺についても、言いたいことは、多々ありますが、ここでは、そんな堅い話はしません。

男の子がみんな大好きなアレの話になります。

Continue reading »

[ プログラマ目線 ] まとめ記事はゴミだらけ。口コミサイトも同じです。

DeNAがまとめ記事サイトをWELQをはじめとして、iemo、Find Travel、cuta、UpIn、CAFY、JOOY、GOIN、PUUL、MERYの合計10サイトすべて非公開化しました。サイトを「廃止」ではなく「非公開化」するという点で何か勘繰りたくなります。

廃止してドメイン売却したらどうですか?高値で売れるんじゃないですか?DeNA的には金額が小さすぎるかもしれませんが。。

Continue reading »

意外とオタク用語は難しい 「鯖」 と 「厨房」 みそ煮作るのか?

「鯖」と「厨房」。美味しい料理を作るわけではないのです。別の意味で使われているようなのです。

今日は、オタク初心者に向けて脱・初心者を目指している私がこの2つの言葉の使い方などを解説しています。先に言っておきますが、間違ていたらごめんなさい。

Continue reading »

JIAA 「ネイティブ広告ハンドブック 2017」 の周辺で場外乱闘発生

人気Webライターのよっぴーさんがご立腹のようです。

何故ご立腹かと言いますと、2016年11月4日に、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA) ネイティブ広告部会 広告効果分科会によって公開された「ネイティブ広告ハンドブック 2017」に対する誰かの感想が始まりのようです。

でも、きっと今頃は全裸で何か面白いことやってることでしょう。もっと、突き抜けるとエガちゃんになれるのにもったいないです。
本人は望んでいないとは思いますが。

Continue reading »

ブログは伊達じゃない。天才ブロガー・石田祐希の華麗なる戦略

ゆきこです。

実は、「 ブログ、ブロガーなんて 」 と、軽い感じで認識していましたが、実はそうでないとの結論に至りました。ブロガーの皆様大変申し訳ございません。

ここでは、ゆきこが何故そう思うようになったのかについてまとめてみようと思います。

Continue reading »