会社事務所の引越完了!引越業者が運んでくれない物もあるので注意!

Pocket

先日、会社の事務所の引っ越しを行いました。私個人としてはわざわざ引っ越さなくてもいいと思っていたのですが、ワンマン社長は引っ越しがしたかったようです。まあ、別に良いのですが、今後は久しぶりの電車通勤です。

痴漢の冤罪とかってどうなんでしょうか?本気で心配したりもします。

スポンサーリンク


引っ越し業者が運んでくれないもの

引っ越し業者に相見積をとりましたが、今は引っ越し業者の閑散期のようです。費用も繁忙期よりもぐんとお安くなったりもします。それでも、相見積もりの結果は、業者によって随分と開きがありました。随分と適当なようです。

では、本題に入ります。今回の引っ越しで運んでくれないものがありました。それはストーブです。

「ストーブのタンクを抜いても、内部に残っている可能性があるのでダメです!」「危険物の取扱資格もありません!」「今の時期は荷台の中で気化しやすいのです!」

頑なに拒否されました。仕方がありませんが、自分たちで運ぶしかありません。もちろん我々も誰一人として危険物の資格も持っていませんけどね・・・

なお、ポリタンクに入った灯油ももちろん運搬NGとのことでした。去年、灯油運ぶ際にヘルニアになって酷い思いした悪夢がよみがえります。。。。

参考までにハート引越センターで運んでくれないものを掲載しておきます。HPに記載されている内容です。なお今回、私たちが利用した業者ではありません(念のため)。

ハート引越センターのHPより

◆お運びできないもの

標準引越運送約款(平成13年4月5日国土交通省告示468号)(以下引越約款とします)
第4条第2項各号及び当社規定により、下記に掲げるものはお運びいたしかねます。
また、ご申告がなくお荷物に混入されていた場合、損害賠償の責任は負いかねます。

  1. 現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等、お客様において携帯可能な貴重品や重要書類
  2. 火薬類その他危険品(燃料、花火、オイル、マッチ、ガスなど)、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるもの
  3. 動植物、美術品、骨董品
  4. ノートブックパソコン、及びデータ記憶媒体
  5. 壊れやすいもの(パソコンなどの電子機器、ガラス細工、大理石等の石製品、手工芸品等)において、運送に耐えうる適切な梱包がなされていないもの
  6. 食品など変質もしくは腐敗しやすいもの

あと、一人のアホがキャビネット中にモノを入れたままの状態で、鍵をかけて運んでもらおうとしてましたが、拒否されてました。中に荷物があると重くなりキャビネットも意外ともろく、運搬時に壊れやすいとのことです。

引越は計画的に!

引っ越しの際は、十分余裕を持って準備することが大切です。わが社の社長のように、金額だけでささっと業者と日付を決めておきながら、「何から手を付けてよいのかわからない」などと言っているようでは引っ越しは苦労します。

2週間後とか急すぎるだろ!!みんな呆気にとられてました。

 

おまけ:自分たちで重い物を運ぶときの便利グッズ

慣れてない人が、ムリな体勢で力をいれると、私のようにヘルニアやぎっくり腰になっちゃったりします。20年ほど前に一度ヘルニアやらかしてますので、今回は再発というわけですが辛いものがありました。ブロック注射も痛いので嫌なのです。

重い荷物もラクラク運べる
人間工学に基づいた設計、テコの原理で重いものも楽々運搬【キャリーラクダ】
大掃除・模様替え・引越しに

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>