[ 初詣 ] 神仏よりも大切なモノとブレてはいけない基本方針

Pocket

ここ数年間の間、ずっと初詣で「富山縣護國神社(富山県護国神社)」に通っています。護国神社にとってはいいお客様です。なお、年に2度は当然ありません。初のまま次は来年です。

そもそも、護国神社のHPによると、

富山縣護國神社は、幾多の戦役で國の為に戰歿された富山県出身の方々の御靈を、
御英靈としておまつりしてゐる神社です。また、境内には富山縣鎭靈神社がお鎭まりになつてゐますが、この社には昭和二十年八月一日深夜に始まつた、米軍による「富山大空襲」による無差別空爆により、戰災死された御靈と公務殉職者、神社関係者の御靈をおまつりしてをります。

だそうです。合格祈願やら恋愛成就やら個人的な願いをするような場所でもないように思います。

スポンサーリンク

それはあなたの努力の結果です

誰もが神社やお寺の神様仏様を信じて祈っている人はほとんどいないでしょう。年に一度のイベントです。年に一度の詣によって何か願いがかなうわけではありません。しかし、「神様を信じていない」わたしでも、初詣に集まることを無下に断ったり否定するほど子供ではありません。いい歳ブッこいたオッサンです。

朝早起きして、初詣には参加します。

「このあとはどこにご出勤?」

「パチンコまで少々」

なんて、会話の中、5分程度で初詣は終了します。

そんな富山県護国神社はこちらです。建物は立派です。一体いくらかかっているのでしょうか?しかしまあ、閑散としています。

富山県護国神社

あなたが神様にお祈りする気持ちはわかります。しかし、あなたが受験に合格したことも、あの人との恋愛が成就したのもあなたの努力の成果です。神様のおかげではありません。

100%あなたの努力の成果です。

おみくじの少なさも天気もどんよりしています

神仏よりも大切なモノ

上手く言葉では表現できそうにありませんので、ブルーハーツの「トレイントレイン」の歌詞の中に私のすきな言葉がありますので、是非紹介させてください。

知りたくない人は「回れ右!」でお帰りください。

世界中にさだめられたどんな記念日なんかより

あなたが生きている今日はどんなにすばらしいだろう

世界中に建てられてるどんな記念碑なんかより

あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう

そうです。故人を偲ぶ気持ちは理解できます。否定するわけではありません。しかし、今現在生きている人間が最も大切にしたいことです。特に子供は両親にとってはもちろん、地域や国にとっても宝物です。

明るい未来となるように、願っています。

高齢者が、政治家が、自分たちの利益となるように行動した結果が今の日本の社会です。それはそうとして、絶対に間違えてはいけないのは、程度の問題はありますが年寄りよりも子供優先です。

自分立ちが頑張ったから今があると、酒を飲みながらバブルを懐かしむ高齢者よりも未来ある子供が大切です。目の輝きが違います。本当に違います。

因みにお賽銭は平成29年にちなんで、2017円でした。払い過ぎて後悔しています。領収書でも貰っとけばよかったです。

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>