[ 数ⅢC ] 無限等比級数の発散と収束とその証明

Pocket

無限等比数列

a, ar, ar2, ar2, ar3, ・・・ ,arn-1, ・・・

を項とする級数

a + ar + ar+ ar2 + ar3 + ・・・ + arn-1 + ・・・

を無限等比級数といい、無限等比級数の収束と発散については次のことが成り立ちます。

スポンサーリンク


無限等比級数の収束と発散

初項 a, 公比 r の無限等比級数

a + ar + ar+ ar2 + ar3 + ・・・ + arn-1 + ・・・

では、

① a = 0 のとき、収束して和は 0

② a ≠ のとき

 |r| < 1 のときは収束して和は a / ( 1 – r ) 

 |r| ≧ 1 のとき発散する


証明

上記の②について証明してみます。

a ≠ 0 のとき、この級数の部分和を Sn とすると、

〇 r ≠ 1 のとき
Sn = a + ar + ar2 + ・・・ + arn-1 = a(1 – rn) / (1 – r)

〇 r = 1 のとき
Sn = a + ar + ar2 + ・・・ + arn-1 = na

ここで、

● -1 < r < 1 のとき

rn → 0 ( n → ∞ ) なので、

Sn = a / (1 – r) – arn / (1 – r ) → a / (1 – r) ( n → ∞ )

● r ≦ 1、r > 1 のとき

{ rn } は発散するから { Sn }も発散する

● r = 1 のとき

a ≠ 0 であるので、|na| → ∞ ( n → ∞ )

従って、{ Sn }は発散する

 

練習問題

無限等比級数 sin x + sin2 x + sin3 x + sin4 x + ・・・ が収束するように x の範囲を定め、その和を求めよ。

解答例

[ sin x = 0 のとき ]

この級数は 0 + 0 + 0 + ・・・ となるから、0 に収束します。このとき sin x = 0 より

x = n π ( n は整数 )となります。

[ sin x ≠ 0 のとき ( x ≠ n π ) ]

公比は sin x なので、収束条件は -1 < sin x < 1

よって、x ≠π / 2 + n π ( n は整数 )

また、x ≠ n π より x ≠ n π / 2 ( n は整数 )

このとき和は sin x / (1 – sin x)

以上より、

x = n π ( n は整数 )のとき、0 に収束する

x ≠ n π / 2 ( n は整数 )のとき、sin x / (1 – sin x) に収束する

 

まさおが一句

一生で正月勉強これ最後!

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>