[ SEなる仕事 ] SE「素人でもわかるように設計書を書け!」 PG「テメーが書けよ!」

Pocket

どーも。日に日に愚痴の量が増えていくストレス過多な今日この頃です。本日の愚痴はSE(システムエンジニア)なるよくわからない職種についてです。

どうも、本人たちもよく分かってないらしく、会社や個人でもとらえ方が大きく違うようです。稀(頻繁に?)に「あ?」って聞き返したくなるような発言される方もおられます。ついつい、「何でお客さんがこんな人に大金はらってるんだろう?」と思ってしまいます。

まあ、どんな業界についても言えることですが、自分が客側の立場であれば金をドブに捨てるようなものですから、いい気はしないです。

スポンサーリンク


役所に習え

SEの仕事のなかには、設計書の作成があります。エクセルで作ってる会社が多いです。SEの人は、本来であれば設計書を作成して、プログラマにその通り作ってもらうことが理想なんだと思っているようですが、そのような設計書は作成できる人はほぼいません(単純にアホで能力がないと言う理由です)。

そこで、SEは考えました。勉強はそこそこできる人達です(私の足元にも及ばないと思いますが)。役所仕事のように基本設計書なる曖昧でファジーな方向決めの設計書と、プログラムを作るための詳細設計書なる2つを作成するようにしました。そこで、SEは基本設計を行います。そして、プログラムを作るための詳細設計書は「プログラマに丸投げ」という作戦です。

日本以外であれば、[ プログラム=設計書 ] と言う考えがあり、SEなる職種はあまりありません。楽に仕事したふりしてお金を稼ぐための業種がSEです。

残念ながらこの仕組みは大手企業を中心に機能しています。仕事に合わせて人を集めるわけではなく、社内の人から適当に人を選抜します。仕事の内容が違えば、いくら他の仕事ができる人でも素人です。なので、SEは素人集団であることも大いにあり得ます。ただ、お客さんからお金を貰うために作った不要な職種です。

素人にも分かるように

本来、プログラム言語やオブジェクト指向などの考え方(使うのであれば)を理解していなければSEは務まりません。つまり、プログラムのことを分かっていないとできない仕事なのです。お客さんのやりたいことをエクセルに書き写すだけであれば、普通の人であれば誰でもできます。

素人でもわかるように、詳細設計書を書け!

実際にこんなSEがいました。言っている意味が理解できているのでしょうか?素人でも理解できるように書くことが詳細設計書ではありません。むしろ、「お客さんのやりたいことをエクセルに列挙している基本設計書を、もう少しかみ砕いて素人でもわかるように書いてくれ」と言いなくなります。

わざわざ詳細設計書で、SQL文を表の中に書いて、分かりにくくるようなドキュメントを強要しないでいただきたいです。下手に日本語で書くものだからテーブル名との紐づけも面倒なだけなのです。無意味です。せめて、SQLはそのまま書いて「ここは、内部結合で振るい落とす」「ここは、〇〇なので外部結合で取る必要あり」のように書くようにさせてください。

「プログラマーが分かりづらいし、意味ない」と思うような詳細設計書が素人でも理解できる設計書なのでしょうか?冗談は顔だけにしてください。

SEは肩書で悦に入る

少なくとも日本では、SEとか、PGといった肩書は会社の立場で決まるものであって個人の能力とは関係がありません。しかし、そうは思っていても人間です。徐々に勘違いが始まります。SEはPGよりも能力が高いと思い込んでいく人があまりにも多いのです。年数も経ってくると偉そうな発言が日増しに増えていきます。

ここら辺りの話は、私も経験でもSEなる立場もPGなる立場も経験しているのでわかります。会社としてはPGよりもSEの仕事を増やしたいのです。理由は簡単です。能力のない人間を単価の高いSEにしたいのです。ただ、それだけです。

「自分たちで必要のないSEという単価の高い業種をつくりだして、その業種に人をあてはめたい」なんて、滑稽です。「コケッコケッコッケ」ってニワリトです。

これ程、お客さんにケツを向けた仕事の仕方にはアホらしさを感じますが、だからといって若手にはIT業界を嫌いにならないで欲しいです。海外に目を向けるのもいいでしょう。少しずつ日本でも個人が認められるようにもなってきています。

なによりも、他の業界だって大して差はありません。むしろIT業界は歴史が浅い分、まだマシなところもあります。

あと、これも大事なことです

真面目な人は悪しき慣行のある業界には向いていません。そして、馬鹿だと自分がお客を騙していることに気づかないので余計質が悪いです。真面目な馬鹿は社会をよくするには不要であり邪魔です

 

(ハイボール前のボヤキは、以上でおわりです)

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>