ブログは伊達じゃない。天才ブロガー・石田祐希の華麗なる戦略

Pocket

ゆきこです。

実は、「 ブログ、ブロガーなんて 」 と、軽い感じで認識していましたが、実はそうでないとの結論に至りました。ブロガーの皆様大変申し訳ございません。

ここでは、ゆきこが何故そう思うようになったのかについてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

天才ブロガーの誕生にて

わたしがブロガーの凄さを実感したのは、タイトルにもある通り「石田祐希」さんのブログ戦略を見たときです。若さを逆手に取り、実にうまく成長しています。

彼はこの記事でビッグウェーブに乗ります。実に良いタイトルです。見事なまでに多くの社会人(特に負け犬に)に突き刺さるタイトルです。

そして、コンテンツも素晴らしいのです。

きっと石田氏はニヤニヤしながら書いたことでしょう。全ての反論も事前に手に取るように分かったはずです。多くのブロガーたちも刺激され記事にします。大人目線で偉そうに反対します。しかし、そんな戯言はいしだ氏には通用しません。

ちなみにゆきこはページビュー目当てですよ。女らしいでしょ?

牙突ですね。牙突。斎藤一よろしくです。いしだ氏の牙突で瞬殺です。

また、ブログの炎上後、こんな記事も書いています。大人に優越感を持たせるたためでしょうか。さらに見事な戦略ですね。弱さを見せるのはとても優れた戦略です。もちろん、ゆきこの母性本能は1ミリもくすぐられませんけどね。

自らの弱い心情を吐露します。もちろん、パソコンの前ではニヤニヤしていたことでしょう。もしかしたらアイキャッチ画像のように遠くの空見ていたかもしれないです。ゆきこは遠く見てるいしだ君が好きですけどね。

積極的に擁護に回るイケハヤ氏

イケハヤ氏は、自分の信者獲得に必死ですから当然最初から擁護です。自分のために利用価値ありと思ったのでしょう。若手の天才に媚びを売ります。もちろん天才であることには気づいていないので圧倒的に上から目線です。

ただし、偉そうに媚びてますが、そろそろ石田氏の矛はイケハヤ氏に向けられることでしょう。そうです、踏み台にしてステップアップするためです。次なる展開が楽しみです。

nanapiのけんすうこと古川健介氏と面会

いしだ氏の次なる踏み台は、古川さんという方です。nanapi っていう生活情報サイトを運営されている会社の取締役(2016年11月現在)の方のようです。ゆきこもこのサイト見たことありますが、特になんの感情もありまん。

しかし、有名(?)企業の取締役の方です。そんな方相手にも動ずることなく、いしだ氏は初対面で 「 金がないので貸してくれ 」 と、大砲ブっぱなします。勝敗はこの時点で決まりました。いしだ氏の圧勝です。

いしだ氏の予想通りの展開になります。会社の取締役までなった方でも相手にすると足元をすくわれますよ。

また、小出しに次のような暴露もネット上に意図的に発生させています。まさに計算されつくされています。自分のことを 「 意識だけ高い系 」 とレッテル貼っています。次の展開で一発逆転ですね。

早稲田大学の八木練太くんが、自宅に泊めてあげた石田くんを追い出した話を執筆している(削除済み、魚拓あり)。内容をざっとまとめると、起業家を応援し刺激を受けたいという気持ちから家がない石田くんに自宅を提供したが、ベッドでゴロゴロしてスマホを触っているだけで全く働いていない。家事もしないし、一緒にいるとやる気がなくなるので急遽出ていってもらったという流れ。

もしかするともう少しレッテル貼りに注力するかもしれないですが、飽きられてからでは遅いのは十分に理解されていると思います。天才相手に偉そうに言うまでもないですね。ただ、可愛いだけのゆきこごときが言っていいことではないですね。

いしだ氏の次の一手は?

わたしはファンの一人として、色々妄想します。どんな展開になるかを楽しみにしています。さて、2016年11月には起業するといしだ氏は言っていましたが、どうなるのでしょうか。

とにかく、今が最大のチャンスです。

天才の筋書き通りに行くことを祈念しております。

 

(おわり)

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>