[ 社会 ] 農家への補助金は実質、農協へ流れる事実

Pocket

TPP ( 環太平洋戦略的経済連携協定 ) の雲行きも、次のアメリカ大統領候補であるヒラリークリントンと、ドナルドトランプがともに反対をしているなど怪しくなってきています。そんな TPP と関係あるかないかはわかりませんが、日本の農家の先行きについて、ここでは酔っ払いが一言モノ申します。

私の身近にも農協の職員が何人かいるのですが、はっきり言ってほとんど妬みの内容となっていますが・・・・

スポンサーリンク

農協の職員教育(洗脳)は最高

まず、職員は農協のルールで教育されます。これはどこの企業・組織でも同じですが、職員自身は公務員であると思っています。農協は潰れることはないと思っています。

そして、職員自身も農協をクビになることもないと思っています。実際これは事実でしょう。JA なんて政治(自民党)とズブズブです。富山なんてところに住んでいますと、特に強く感じます。

農協はハッキリ言って商社です。何でも屋さんです。銀行や住宅だって販売しています。しかし本来、農協は農家のための団体であるはずです。にもかかわらず、理屈は誰もが屁理屈だとは理解していますが、何でも販売しています。例えば住宅にしろ、それがまた、価格は同業他社の大手並みです。

「 農家のために住宅販売?さぁ、屁理屈言ってみろ 」 って思いませんか?

田舎(に限った話ではないですが)の農協なんて高齢者相手に高値で販売です。農協の職員にも、友人・知人に誰かリフォームや住宅ほしい人いないか聞いて回っているようです。

というか、聞かれました。うっとおしい限りです。しかし職員の教育は行き届いているようです。

農家のための農協?農協のための農家

はい。元々(?)は農家のための農協としてできたのでしょう(少なくとも建前は)。しかし、現状はあからさまに違います。農協のための農家です。

農協職員も農協様のおかげで、農家は成立していると本気で思っています。因みに地方の農協職員の程度・素養はかなり低いです。高齢になればなるほど低くなります。今の言葉で言えば無駄に給与の高い社畜です。

農家はブツブツと農協の文句をいつも言っています(いつも聞かされます)。

「 なんで、あんなに高い肥料買わないとダメなの? 」 「 オラのコメを買いたたきやがって 」

しかし、農協がないと補助金などが入らなくなるのも事実です。ニコニコしながら販売経路を遮断させることができるのも農協です。結局は数の力の理論に収束します。

農家のための農協ではなく、農家は農協のお得意様です。農家のためと屁理屈言って、高額な家だって売ります。農機具や肥料なんて当たり前に売ります。保険だって契約させます。銀行に口座だって当然作らされます。

補助金に特約でもついているんですか?農協で購入するようにと?

本当に高齢でお金のある農家さんはいいお得意様です。

政治に参加ってなんだかんだで大切

農家への補助・助成金 ⇒ 農協の売り上げ

日本の農家は補助や助成金がないと成立しないようです。ただし、これらはあくまでもそう思い込まされているだけです。実際、補助や助成なんてなくとも成立しています。

  • 農家は大変だから
  • 海外との競争も熾烈
  • 農家は高齢者が多いから

安易に補助金を与える動機にはなりえません。キレイごとを抜きにすれば、高齢者に補助を与えるよりも、子供・若者を支援したほうが日本のためになると思います。

これまで、高齢者が頑張ってきてくれたおかげで今の日本がある?

何十年言い続けるのでしょうか?高齢者はいつでも、今の日本の現状に不満を持っていますが、そんな日本にしたのは、現在の高齢者です。蚊帳の外からテレビにブツブツ言うだけにしておいてください。

話がそれました。

農家への補助金は実質農協に流れます。無駄に高額な農機具、肥料などにです。私たちの税金が簡単に農協に流れる仕組みができています。

なんて、うらやましいんだろう。素晴らしいです。

簡単ではないと思いますが、これから農協の解体が少しずつはじまるでしょう(さっさとヤッチャッテください)。その時、政治は末端の職員まで守ってくれるのか?

公務員並みに高い給料もらっている末端の職員は何もできることがないのです。要するに手に職がないのです。(因みに給与が高いというのは能力・仕事内容に対して給与の額が高いという意味ですよ)

そんな人は切り捨て御免となることでしょう。それが日本のためです。

ハイボールうまいっす

スポンサーリンク


Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>