コンパクトな販売管理パッケージを開発しようと思った動機

Pocket

最近、販売管理や在庫管理パッケージの導入を検討している企業があるということで、主体的な立場ではありませんが打ち合わせに同席させていただきました。まあ、これがまた不安になるようなことばかりでした。

スポンサーリンク


現場が入力してくれないので在庫管理できない

現場が入力してくれないので在庫の管理できないとのお話を頂きました。また、これから導入するパッケージも入力してくれないかもしれないと担当者の方は心配されていました。

「 おそらくは、今後も在庫の管理をすることはできないでしょう。 」

トップダウンでビシッと仕切る必要があると思いますが、先行き不安です。

システム的な面でなるべく楽に、なるべく確実に管理できるようにシステム的な面で考えることはできますが、販売管理や在庫管理の大掛かりなパッケージを導入しようと考えているようです。

ますます、先行き不安です。

簡単にフィット&ギャップでカスタマイズとか言い出しますが、それはシステム屋さんがお金儲けを考えて口にする言葉です。中規模程度の会社がパッケージをカスタマイズして導入すると、一体どのくらいの金額になることでしょう。それに、営業している会社さんはパッケージソフトの開発はしていません。

おそらくは、販売パッケージの選定からしていくことになると思いますが、私たちは一切合切かかわることはないでしょう。カスタマイズなんてしませんし、怖くてできません。泥舟に乗る気はありません。

また、カスタマイズによってパッケージ価格よりもカスタマイズ費用の方が高額になった上に、使いにくいシステムは山ほどあります。先行きは不安ですが、とりあえず様子を伺うことにします。ただ、決して私がこの件に絡むことはないでしょう。断言できます。

カスタマイズとかやりだすシステムの場合は、最低でも、ウン千万レベルのものが多い印象です。

販売管理パッケージは高額

販売管理パッケージといっても、エクセルで作ったようなフリーソフトから、「 これは、何のための機能なの? 」 「 言葉の意味が理解できません 」 といった大企業が使用するようなパッケージソフトまで様々あります。高額なパッケージの代表格といえば SAP でしょうか?

また、日本の企業の多くは中小企業であり、多くの会社では販売管理や在庫管理などでも不要な機能が多く組み込まれています。余程の大手起業でもない限り、ほとんどの機能は使用されることもない運命になります。

販売管理パッケージを開発してみようと思う

狭義の意味での販売管理ソフトなどは沢山あると思います。最近では機能をピンポイントに絞ったクラウドでの販売管理や在庫管理も採用されることが多いです。

今回の件で、色々調べてみたのですが、広義の意味での最低限の機能をもった販売管理パッケージは少ないように感じました。何よりも私の所属先にも何か武器が欲しいと思う今日この頃であります。

例え使えないシステムでも、販売管理システムパッケージを持っているのと思っていないのとでは、営業の幅も違ってくるとも思いますので。

開発する販売管理パッケージは次の機能としようと思っています。いたって一般的な構成です。ただし、想定する利用者数は数十人くらいで、機能はコンパクトにします。予算数百万円でカスタマイズして導入できるようなパッケージを目指します。

  • 販売管理
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 請求・売掛
  • 支払・買掛
  • レポート

なお、これから開発する販売管理パッケージの開発日誌はブログで随時更新していきます。気になる方コメントやメールお待ちしております。

開発が継続するかしないかは、私の気力次第です。とりあえずは、プライベートなプロジェクトとして開始です。おー。

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>