[ C# / VB.NET ] タイマーコントロールの使用サンプル ( System.Windows.Forms.Timer )

Pocket

Windows フォームアプリケーションのタイマーコントロールの使用サンプルを掲載しています。フォームアプリケーションでは、簡単にタイマー処理を導入することができます。


スポンサーリンク

タイマコントロールの使用サンプル

はじめに、フォーム上にツールボックスから Timer をドラッグ&ドロップして、タイマのイベントハンドラを作成します。次のコードは、タイマコントロールの簡単な使用サンプルになります。サンプル内のコメントも参照ください。

VB.NET

Private timerCount As Integer = 0 ' タイマイベント発生回数

Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load

    Timer1.Interval = 10000 ' 10秒間隔(ミリ秒)
    Timer1.Enabled = True   'タイマを有効にする
    Console.WriteLine("タイマイベントの有効化:" & DateTime.Now.ToString())

End Sub

' タイマイベントハンドラ
Private Sub Timer1_Tick(sender As Object, e As EventArgs) Handles Timer1.Tick
    Console.WriteLine("タイマイベント発生:" & DateTime.Now.ToString())
    timerCount = timerCount + 1 ' タイマイベントの発生回数をカウント

    If (timerCount > 3) Then
        Timer1.Enabled = False ' タイマを無効にする
    End If

End Sub

C#

private int timerCount = 0; // タイマイベント発生回数

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    timer1.Interval = 10000; // 10秒間隔(ミリ秒)
    timer1.Enabled = true;   // タイマを有効にする
    Console.WriteLine("タイマイベントの有効化:" + DateTime.Now.ToString());
}

// タイマのイベントハンドラ
private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
{
    Console.WriteLine("タイマイベント発生:" + DateTime.Now.ToString());
    timerCount++; // タイマイベントの発生回数をカウント

    if(timerCount > 3)
    {
        timer1.Enabled = false; // タイマを無効にする
    }
}

スポンサーリンク


Pocket

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *