[ Excel ] 大量にあるシートの一覧を表示して一瞬で切り替える

Pocket

エクセルで大量のシートを作成してドキュメントを書いている人や会社は多いと思いますが、個人的にはお勧めしません。マイクロソフトオフィスのアプリでは、エクセルは表計算、ドキュメントはワードが基本です。

スポンサーリンク


シートの一覧を表示する

シートの枚数が増えすぎて、わざわざ最初に各シートへのリンクを記載したインデックスシートを用意してリンクを張って飛ばしているような話も聞きます。そのようなことをしなくても、エクセルの標準機能で一覧の表示とシートの切り替えが簡単にできます。

私も知りませんでした・・・

操作方法はとっても簡単で、下図の赤枠で囲んだあたりを右クリックすると、シートの一覧が出てきます。後は切り替えたいシートを選択するだけです。

シートの一覧を表示する

シートの一覧を表示する

エクセルでのドキュメント作成の是非

一般論とすると、ドキュメントはワードで作成したほうが良いと思いますが、表でまとめることが多いドキュメントの場合は、確かにエクセルのほうが楽に記述できると思います。

社会人歴も長くなってきましたが、初めてエクセル方眼紙によるドキュメント作成を目の当たりにしたときは、驚きでした。「何だコレ?」と。

エクセル方眼紙

エクセル方眼紙 素敵でしょ?

シックスセンスが教えてくれました。「 どれだけ正当性を主張しても、エクセル方眼紙は間違いである 」 と。今でも私のシックスセンスはそう教えてくれます。

しかし、エクセル方眼紙のフォーマットが指定されれば従順に従います。面倒の素となるだけなので自己主張はしません。正直、時間の無駄です。マネーの力で全てが決まります。

ただ、ワードだから、エクセルだからといって分かりやすいドキュメントになるかと言えば、ならないと思います(個人的な感想ですが)。作成する人次第だと思います。

訳のわからないドキュメントを作成する人は、作成するアプリがエクセル(エクセル方眼紙含む)だろうとワードだろうと訳のわからないドキュメントになります。

そして内容ではなく、体裁や誤字脱字だけを指摘する上司のフレームワークでは、期待できることは一切合切ありません。

ただ、それだけだと思います。

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>