[ 給食の時間 ] 幻の朝日スイカ ( 富山市民にも知名度はやや低い )

Pocket

富山県で最も有名なスイカといえば入善ジャンボスイカになると思います。とにかくデカイです。しかし本日紹介するスイカは入善ジャンボスイカではありません。

富山県一、いや日本一といっても過言ではない富山市の朝日地区で栽培している朝日スイカです。

スポンサーリンク

公式ホームページ

朝日スイカの公式ホームページは下記のリンクより確認できます。昨年度よりインターネットからの注文にも対応しているようです。マツコデラックスもテレビ番組の中で食べたようですね。下記のイメージは HP の画面キャプチャになります。

朝日スイカ公式ホームページ

朝日スイカ公式ホームページの画面キャプチャ

スイカがメチャメチャ甘くておいしいです。私は毎年食べています。スーパーで買うスイカよりは若干高めですが、高すぎることはありません。一度食べたらリピーター間違いなしです。

朝日スイカのラインナップ

 

紅まくら

主力の品種ですね。その名の通りまくらのような形をしたスイカです。ちなみに朝日スイカは全部の品種が甘いのです。私が一番甘いと感じたのは、この紅まくらではなく、次に紹介するサマーオレンジです。個体差もあるとは思いますがね。

紅まくら

紅まくら

サマーオレンジ

オレンジという名前ですが、色は黄色です。ホームページに掲載されていますが、なんど糖度16.2度を計測した個体もあるようです。すでにスイカの域を超えています。サマーオレンジも紅まくらと形はそっくりです。中の色が赤か黄色かでしか区別がつきません。

サマーオレンジ

サマーオレンジ

夏武輝(かぶき)

シャリシャリした食感のかぶきです。この品種は丸いです。武蔵丸です。栽培数量は少ないとのことですので売り切れているかもしれないですよ。インターネット販売では今年から注文を受け付けていないようです。買うなら直売所ですね。

かぶき

かぶき

かがやき

昨年から栽培されていたようですが、私は残念ながらまだ食べていません。同じ土壌で育ったスイカなので同じく甘いことは容易に想像できますが、ネーミングはイマイチですね。

北陸新幹線が開通してからは、様々な新商品のタイトルに 『 かがやき 』 が採用されています。なんでもかんでも 『 かがやき 』 です。埋もれてしまいます。残念です。写真がないのはご勘弁ください。

まとめ

いくつかの直売所で販売されています。インターネットからの受注にも対応されたようなので早めにいかないと売り切れています。売り切れるの早いです。暑い日に出掛けて売り切れだと萎えます。

インターネット注文では常温で配送されます。おいしく食べるには常温での配送が基本です(というより、冷蔵では配送しない)。到着後、すぐに冷やします。できればその日のうちに、おそくとも3日以内には食べましょう。完熟した状態での出荷です。スーパーにあるスイカとは違います。間違っても 「 何で冷蔵で送らないザマス 」 といったクレームは止めましょう。

インターネットからの注文は希望日は指定できますが、希望日に届く保障はありません。当日の朝に完熟したスイカがなければ出荷できないからです。そこらへんが幻と言われる所以なんだと思います。余裕を持って注文しましょうとのことです。

なお、2016年度の直売所でのあさひスイカの販売は始っているようです。レッツゴーです。また、スイカ以外の作物もひそかに販売されています。

直売所の人に去年いろいろ教えてもらいました

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>