[ Excel関数 ] n 進数を m 進数に変換する ( 分かりやすい画像付 )

Pocket

日常私たちが扱う数値は10進数がほとんどですが、コンピュータ内部では2進数が利用されていたり、2進数の表示形式などに16進数が使用されたりします。ここでは、Excel 関数で n 進数と m 進数の数値に変換する各種関数を使い方を実際の画像で紹介します。

スポンサーリンク


n 進数を m 進数に変換する

Excelでは、2進数、8進数、10進数、16進数を相互に変換する関数が用意されています。 以下の画像がその実際の使用例になります。

n 進数を m 進数に変換する関数

n 進数を m 進数に変換する関数

関数一覧

進数変換を行う関数の一覧です。詳細はリンク先のリファレンスを確認ください。

関数名内容
BIN2OCT2進数を8進数に変換する
BIN2DEC2進数を10進数に変換する
BIN2HEX2進数を16進数に変換する
OCT2BIN8進数を2進数に変換する
OCT2DEC8進数を10進数に変換する
OCT2HEX8進数を16進数に変換する
DEC2BIN10進数を2進数に変換する
DEC2OCT10進数を8進数に変換する
DEC2HEX10進数を16進数に変換する
HEX2BIN16進数を2進数に変換する
HEX2OCT16進数を8進数に変換する
HEX2DEC16進数を10進数に変換する

進数変換を手計算する

Excel では関数が用意されていますので一発で計算できますが、手計算する方法やその他進数に関するコラムは以下のリンクから確認できます。よろしければどうぞ。

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>