「Windows10 を入手する」が強制的にアップデートしようとしてた

Pocket

毎度出力される「Windows 10 を入手する」ダイアログですが、あるとき見たら Windows Update から自動的にアップデートするように記載されていてビックリクリクリクリックリッでした。今はまだダメ~。


スポンサーリンク

Windows10 強制アップデート

いつもダイアログがポップアップで表示されるのですが、表示までに時間がかかるようでダイアログの中身を確認することなく閉じていたのです。あるとき離席中にダイアログが表示されたようで、中身を確認すると「2016年5月○○日○○時にアップデートします。」とか記載されているではありませんか。アップデートしない場合はアップデートしないように操作をする必要がありました。Windows Update に組み込まれたようです。

Windows10を入手する

Windows 10 を入手する

現在使用している Windows 7 を Windows 10 にアップデートするわけにはきません。実際は問題ないのかもしれませんが、そんな面倒になる可能性のあることを今やるわけにはいかないのです。

ちょっと使い方が変わっただけで戦闘力半減です。作業スピードが遅くなってしまうのです。わかっていただけますか?この気持ち。慣れた環境で作業することが今は一番なんです。

しかし、Windows Update に組み込んでいるにもかかわらず、なぜ無償アップグレード期間は期間限定なのでしょうか?期間が過ぎると Windows Update からはずされるのでしょうか。

Windows 10 にアップデートする

今回、運よく Windows 10 へのアップデートを回避することができましたが、知らないうちにアップデートした人もいるのではないでしょうか?きっといるはずです。悲しいのか、ラッキーと思うかは人それぞれですが、今までこのダイアログを見て、アップデートを敢えて行わなかった人にとっては悲劇でしょう。

では気持ちを切り替えて、Windows 10 にアップデートした場合どうなるのでしょう。今回、このダイアログの中身をちゃんと確認したのは始めてだったので、メモ代わりに残しておきたいと思います。

ファイルはそのままの場所に保存されます

多くの人にとってはデータこそが命です。パソコンや OS はその次です。勝手に違う場所に散らかされることはないそうです。

今までどおりに操作でき、高速でさらに安全に

ここの説明には違和感ありありです。どこまでを「今までどおり」と言うのかについて記載されていませんので、操作についての説明は納得できないでしょう。マイクロソフト社としては、後で批判されるよりもとにかくアップデートしてほしい気持ちがあるように感じられます。

高速でさらに安全に」については信じるしかないでしょう。

無償のウィルス対策機能があらかじめ搭載されています

私のような一般ユーザーからすると、ウィルス対策ソフトが必要なくなればよいことだと思います。結構な値段しますからね。

Microsoft が ウィルス対策ソフト機能とかアピールするのもヘンな気がしますが。

ところで、ほとんどの人はウィルス対策ソフトが何をしてくれているのかを知らないのが現実であります。それはどのような分野でも同じことなので良いのですが、特にソフトウェアというものは目に見えないので余計にそう感じられると思います。

私自身、ここ最近はウィルス対策ソフトをインストールしているパソコンも、インストールされていないパソコンも使用しておりますが、インストールされていないパソコンも何の問題もなく使用できています。かえって、ウィルス対策をしたせいで、他のソフトウェアが動かないだとかのトラブルがあり迷惑することがあったくらいです。

正直現在では、ウィルス対策ソフトの必要性を感じていません。本音です。きっとウィルスに侵されたときに後悔することでしょう。

ダウンロードには 3GB 以上の空き容量が必要です

どうなんでしょうか?結構時間かかるかもしませんね。病院の待ち時間並みに。。。

スポンサーリンク


Pocket

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *