[ 成功の法則 ] ポジティブシンキング vs ネガティブシンキング

Pocket

最近運が良いのか悪いのか分からないような出来事が起こります。だんだんとネガティブな気持ちになってきます。人生リセットボタンが欲しいのです。できればリセットする時代を指定できればと思います。わがまま言ってすいません。

そうです、人生色々、男も色々、女も色々です。意味不明ですいません。

スポンサーリンク

最近よくある出来事

最近、鳥のフンがフロントガラスによく落ちてきます。間違えて、ウォッシャー液を出さずにワイパーをガーゴーガーゴーして前が見えなくなりました。最悪です。白く柔らかい物体が引き伸ばされ、視界を覆い隠しています。

運がつくとかいいますが、一歩間違えると千の風になってしまいます。運がつくなりサヨナラなんてシャレになりません。

松下幸之助「面接で”運が悪い”と答えた人は、どんなに学歴や面接が良くても、即不採用。」

上記のリンクで、運についてのウンチクが語られています。感動モノです。しかし、私には響きません。何がそんなによいのかわかりません。一言でばっさり語るのであれば 「 成功者たちはポジティブシンキング 」 です。そして、それを知った凡人は自分もそうありたいと称えているだけの何とも情けない構図です。

称える側でなく、称えられることを成せ

称えられることのない私が言っても重みは無重力ですが、他人を、成功者を称えるだけの自分なんていりません。結局、成功するとか、何かを成さなければダメなんです。

数十年後には、全く違う思想が感銘を受ける思想となっているかもしれません。

ネガティブシンキングが成功者の法則

ポジティブシンキングを称えるのは勝手ですが、成功者の一部の発言を切り取っているだけかもしれません。本当のことは絶対に近い人にしかわかりません。近い人ですら、真意なんてわからないことだらけでしょう。本当はすっごいネガティブだったかもしれません。

ネガティブが最強

そんな時代もくるのかも知れないですよ。理由付けはいくらでも出来てしまいます。例えば、「 ネガティブ故に万全の準備を怠らずに何事にも望んだ結果、大成功 」 でしょうか。

まとめ

まとまる気配はありません。この文章はハイボールで脳ミソがフワフワな状態で書いています。ハイボールの炭酸が効きすぎて酸素不足です。さらに、炭酸泉に長くつかって酸素不足です。

結局のところ、ポジティブだろうが、ネガティブだろうが、考え方次第でどのようにでも好きなような解釈ができてしまいます。不毛な言葉遊びに没頭するくらいであれば、サッサと行動しようと思う、今日この頃です。

ということで、まとまらないまま終わりにします。もう、呑んでいるときはブログを書かないようにしようと思います。失礼しました。

また、最後までこの駄文にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>