中学生が知っておきたい化学反応式

Pocket

中学生のための化学反応式を一覧にまとめてみました。化学反応式にもいくつか種類があります。

スポンサーリンク

種類概要
酸化物質が酸素とくっついて化合物を作る反応
還元物質から酸素を取り除くこと
化合2つ以上の物質がくっついて新しい別の物質ができること。化合によってできた新しい物質のことを、化合物と言う。
分解1つの物質が、2つ以上の物質にわかれる反応のこと
中和酸と塩基とが反応をして、互いの性質を打ち消しあうこと

では、それぞれどのような化学反応式があるか見ていきます。

酸化

日本語表記化学反応式
 炭素 + 酸素 → 二酸化炭素  C + O → CO
 銅 + 酸素 → 酸化銅 2Cu + O → 2CuO
 マグネシウム + 酸素 → 酸化マグネシウム 2Mg + O → 2MgO
 水素 + 酸素 → 水 2H + O → 2H
 鉄 + 酸素 → 酸化鉄(Ⅲ) 3Fe + 2O → Fe

還元

日本語表記化学反応式
 酸化銅 + 炭素 → 銅 + 二酸化炭素 2CuO + C → 2Cu + CO
 酸化銅 + 水素 → 銅 + 水 CuO + H → Cu + H

化合

日本語表記化学反応式
 鉄 + 硫黄 → 硫化鉄 Fe + S → FeS
 銅 + 硫黄 → 硫化銅 Cu + S → CuS

分解

日本語表記化学反応式
 炭酸水素ナトリウム → 二酸化炭素 + 水 +炭酸ナトリウム 2NaHCO3 → CO + HO + NaCO
 水 → 水素 + 酸素 2HO → 2H + O
 酸化銀 → 銀 + 酸素 2AgO → 4Ag + O
 塩化銅 → 銅 + 塩素 CuCl2 → Cu +Cl

中和

日本語表記化学反応式
塩酸 + 水酸化ナトリウム → 水 + 塩化ナトリウム HCl + NaOH → HO + NaCl
 硫酸 + 水酸化バリウム → 水 + 硫酸バリウム HSO + Ba(OH) → 2HO + BaSO
 酢酸 + 水酸化ナトリウム → 水 + 酢酸ナトリウム CHCOOH + NaOH → HO + CHCOONa
スポンサーリンク


Pocket

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *