英語を手っ取り早く簡単・確実に上達するたった一つの方法 ( 英語下手を克服 )

Pocket

どうも。ゆきこです。管理人の masao が記事を書けとうるさく言ってきます。どうやら本人は書くのがだんだん面倒になってきた模様です。私は 「 です・ます 」 調であれば好きに書きたいこと書いていいよと言われてるだけのボランティアのライターです。

あまり気乗りはしないですが、学習サイトであると管理人の masao は言い張っていますのでそれらしいことを書きたいと思います。ただ、あまり参考にはならないと思いますけど、読みたい人は呼んでみてください。先に言っておきますが、延々と同じことを繰り返します。けれど英語は必ず上達します。そして何より、ゆきこはとっても可愛いイイ女です。

スポンサーリンク


英語を母国語とする国に行け

それだけです。あんたが、英語ができようができまいが、まずは行きましょう。期間は2年くらいでよいでしょう。知り合いがいようがいまいが関係ありません。あんたは英語をしゃべれるようになりたいんじゃないですか。野垂れ死になんて滅多なことではしないもんです。

なら、英語の国に行ってください。アメリカでもカナダでもイギリスだってどこでも構いません。だって、あんたはただ英語を喋れるようになりたいんじゃないですか。度胸さえあればなんとかなります。仕事もなんとかなります。アルバイトなら比較的簡単です。ただ、英語を喋りたいならこれで話は終わりです。あなたはただ英語が喋りたいだけなんです。

あんたは何かを成すために英語をマスターする訳ではない。ただ英語が喋りたいだけ。

行けばよいのです。そのうち喋ってます。目的が英語を喋るだけならこれで十分です。

お金はない。仕事もしてるし。でも日本で英語をマスターしたい

あなたは本当に英語が必要ですか。なんとなく 「 英語喋れる自分ってかっこいい 」 程度ではないですか。ほとんどの人は仕事で英語は必要としません。9割以上の人は仕事で英語 ( 外国語 ) は必要ありません。グローバル・グローバルって思い込んでませんか。それなら、日本で通訳つけれるくらい偉くなってください。そっちのほうが大変だし、目指しがいのあることです。

ただ、「 英語、英語 」 と盲目的に考えている人には通じない理屈ではあると思いますが、そんなもんだと思います。

それでも日本で英語をマスターしたいのであれば、英語を使う外国人見つけて彼氏・彼女、夫婦になってください。英語が喋りたいならそれが一番です。もちろんウチならば、イケメンの彼氏がいいですね。周りにいないですけど。ウチのいる富山ではよくいる外国人は「中国、ロシア、パキスタン、ルーマニア」が多いですね。ベッカムにはなかなか出会えません。残念です。

実際に、ウチの友人は不細工な外国人の彼氏と結婚しました。英語を公用語としているジャマイカ人と結婚して英語を喋れるようになっています。ジャマイカってどこ?

本人には言いませんが、旦那は不細工なのでうらやましくはないです。ウチも英語は喋れませんし、喋れなければならない環境にもありませんから何の問題もありません。ただ、そのジャマイカ人がイケメンだったら悔しいと思っていると思います。英語は関係ない話ですけどね。イケメンかブサイクかだけの問題です。

ナメック語を喋るには

繰り返します。世代がばれるから余り言いたくはないですが、ナメック語を喋るときはどうしますか。ナメック星に行くか、地球でならピッコロか神様に教えてもらう必要があります。ミスターポポも喋れますね。もしくはナメック星に行ってデンデを誘拐してくるしかありません。神様になってくださいと拝み倒すしかありません。

デンデ

デンデ

まとめ

ゆきこ的にはあんたが英語を喋れようが喋れまいが、どうでもよいのです。イケメンかブサイクかということにしか興味・関心はありません。男も同じだと管理人のブサイクな masao は証言しました(させました)。偽善者な管理人 masao です。

繰り返しますが、英語をマスター・上達したいなら、手っ取り早い方法はたった一つしかありません。そう、これだけです。

だた何となくじゃべりたいなら、英語を母国語とする国へ行け

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>