Solaris10 ファイルの圧縮と解凍コマンド ( .tar.gz )

Pocket

UNIX や Linux で頻繁に使用される tar.gz ファイルの圧縮と解凍を行うコマンドリファレンスになります。なお、ここで掲載しているコマンドサンプルは Solaris10 で実行した結果になります。 レッツ圧縮!

スポンサーリンク

さっさとコマンドだけを確認したい人のために、まずはコマンド実行例です。

tar.gz ファイルを解凍する
 gzip -dc file.tar.gz | tar -xvf -

# または、

 gunzip -c file.tar.gz | tar -xvf -
tar.gz ファイルを作成する
 tar cvf - target_dir | gzip -c > destination.tar.gz
拡張子 .tar.gz とは

そもそも、.tar.gz ファイルとは何かと言いますと、tar コマンドによって複数ファイルを1つのファイルに固めた上で、ZIP 圧縮したファイルと言うことです。明示的にわかりやすいので .tar.gz としています。

パイプ ( | ) とは

圧縮と解凍のコマンドサンプルの中に、コマンドとコマンドをパイプ (|) でつないでいる箇所があります。例えば tar.gz ファイルを作成したサンプルの場合ですと、tar コマンドで target_dir ディレクトリを1つのファイルにまとめて標準出力に出力していますが、その出力内容をパイプでつなぐことで、gzip コマンドの入力として渡すことができるのです。

従いまして、パイプとは基本的なシェルの使い方ですので、圧縮や解凍とは関係はありません。

 

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>