[ VB.NET / C# ] リストビュー 選択されている項目を削除する ( ListView.items.Remove )

Pocket

[ VB.NET / C# ] リストビュー 選択されている項目を取得する ( ListView.SelectedItems )」では、選択されている項目を取得するサンプルを掲載しましたが、ここでは選択されている項目をリストビューから削除します。

スポンサーリンク


ここでは、複数項目を削除しているサンプルを掲載していますが、複数項目を選択できるリストビューとするには ListView.MultiSelect プロパティを True にする必要があります。

選択されているアイテムのみをすべて取得し削除するサンプル

VB.NET

    ' 選択されているアイテムが存在するか確認
    If (ListView1.SelectedIndices.Count = 0) Then
        MessageBox.Show("アイテムが選択されていません。")
        Return
    End If

    ' 選択されているリストを取得しリストビューから削除する
    For Each item As ListViewItem In ListView1.SelectedItems
        ListView1.Items.Remove(item)
    Next

C#

    // 選択されているアイテムが存在するか確認
    if (listView1.SelectedIndices.Count == 0)
    {
        MessageBox.Show("アイテムが選択されていません。");
        return;
    }

    // 選択されているリストを取得しリストビューから削除する
    foreach (ListViewItem item in listView1.SelectedItems)
    {
        listView1.Items.Remove(item);
    }
すべてのアイテムを取得し、選択されているものを削除する

上記では、選択されているリストそのものを ListView.SelectedItems によって取得しましたが、下記ではアイテムが選択されているかを1アイテムごと確認して削除するサンプルコードを示します。

VB.NET

    ' 全リストを取得し、選択されているアイテムをリストビューから削除する
    For Each item As ListViewItem In ListView1.Items
        ' 選択されているか確認する
        If (item.Selected) Then
            ListView1.Items.Remove(item)
        End If
    Next

C#

    // 全リストを取得し、選択されているアイテムをリストビューから削除する
    foreach (ListViewItem item in listView1.Items)
    {
        // 選択されているか確認する
        if (item.Selected)
        {
            listView1.Items.Remove(item);
        }
    }
参考

 

スポンサーリンク

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>